小顔の美容整形にはどのぐらいのお金がかかるのか

多くのモデルや芸能人は顔が小さいのが当たり前で、巷では小顔美人と言われています。もちろん生まれながらに顔が小さな人もいますが、中には美容整形によって小さな顔を手に入れた人もいるはずです。顔の整形手術というと、高額な費用が掛かるのではと思っている人も多いでしょう。しかし最近では、安くて1万円程度から受けることができる格安の手術法が人気を集めています。初めて整形手術を受ける際には、誰でも疑問や不安が付きまといます。それらを解消することで、安心してクリニックへ足を運ぶことができるようになります。顔を小さくする整形でも、種類や方法、また掛かる費用は様々です。どのやり方が自分に合っているか、満足のいく結果を得られるか下調べをしておくことが重要です。

小顔の美容整形方法の種類と費用の目安

最も格安かつ手軽に行える手術方法が脂肪溶解注射です。これは顔にメスを入れず、注射を気になる部位の脂肪に直接打つことによってスッキリさせるという方法です。注射器1本につき8千円から1万円ほど掛かります。打つ場所により使用する本数が変化するのが特徴で、多く打つ人はその分費用も増えます。お手軽といえばボトックスにも当てはまります。こちらも注射を打つだけですが、脂肪ではなく肥大した筋肉をサイズダウンさせる施術です。費用は1万円程度です。一方で少々金額は高くなるものの、目鼻立ちをはっきりとさせたり、フェイスラインを整えて小顔に見せる特殊な手術法としてヒアルロン酸注入が挙げられます。こちらは1ccにつき4~15万円ほど掛かります。他と比べると割高ではありますが、ただ小さくするだけではなく、モデルのような顔立ちに変えることができるメリットがあります。

お金を掛けずに小顔になるなら注射方式がベスト

初めての美容整形でメスを入れる方法はリスクが伴うだけでなく、最低でも20万円から最大で200万円以上の費用が掛かり、現実的な選択とは言えません。注射方式なら脂肪溶解注射でもボトックス注射でも失敗するリスクが少ないですし、費用も8千円から受けられるため、コストパフォーマンスが高いです。ヒアルロン酸の注入は若干お金が掛かってしまいますが、少し上の理想を求める人には最適です。顔の面積自体が変わるわけではありませんが、鼻や頬の凹凸がはっきりとしてフェイスラインが整えられるので、丸顔の人や顔のバランスが悪い人に適しています。自分のお財布と相談しながら、後悔しない方法を選びましょう。注射方式でもまだ満足できないという人や、さらに顔を小さくさせたいという人は、メスを入れる方法を検討してみても良いでしょう。