美容整形で小顔にする際の注意点

多くの女性が憧れる小顔ですが、マッサージやエクササイズを毎日続けていても、果たして満足のいく効果が得られるのかは不透明です。もしかしたら無駄な努力に終わってしまう可能性もあります。確実に顔を小さくしたいのであれば、美容整形を受けるべきです。整形手術といっても、最近ではメスを入れずに短時間で終了するものが増えています。費用も数千円から数万円単位で、予算に余裕がなくても心配ありません。ダウンタイムもほとんどなく、エステ感覚で受けることができるほどです。ただ簡単な施術の中にも、注意しなければいけないポイントはあります。特に初めて整形手術を受けようと考えている人は、あらかじめ各手術方法のメリットとデメリットを頭に入れておいた方が安心できるでしょう。

リスクの少ない美容整形なら注射方式

より失敗のリスクが少ない方法を選ぶなら、注射方式がベストな選択肢です。メスを入れることがなく、気になる脂肪や筋肉に脂肪溶解注射やボトックス注射を打つだけです。これらはプチ整形とも言われ、施術時間は5~15分と比較的短いです。どちらも注射を打つ瞬間にちくりとした痛みが発生しますが、耐えられる範囲内です。基本的には患部を冷やして温度を低くしてから注射を打つため、痛みは極力抑えられます。注意点としては、どちらも1度の施術では大きな効果が現れない場合があることです。一般的には2~3回行うことでしっかりと小顔効果を感じることができます。ただボトックス注射の場合は、何度も繰り返し注射していると筋肉が細くなり、それが定着する恐れがあります。すると将来的にたるみの原因となるので、短期間で過度なボトックス注射は控えるようにしましょう。

ヒアルロン酸注入は担当医の技術にも左右される

ヒアルロンを注入することで顔に凹凸を作り、輪郭を整えて小顔に見せるという手術法があります。顔の面積は変化しませんが、目鼻立ちがハッキリとするため、女性には人気の高い方法です。施術時間は5~10分程度と短く、ダウンタイムもほとんどないため安全です。痛みも注射をする時にチクッとするだけなので、不安を抱く必要はありません。一方で注意点としては、担当する医師の技術不足によってバランスの悪い凹凸ができてしまうリスクがあります。もし失敗してもヒアルロン酸を溶かす注射があるので問題ありませんが、無駄なお金が掛かってしまいます。ヒアルロン酸注入の美容整形を受ける際は、有名な美容外科で経験を積んだ医師のいるクリニックを選びましょう。経験豊富な医師なら理想的な小顔にしてくれるはずです。