小顔の美容整形は具体的にどんなことをするのか

スタイルが良くて、きれいな人や美人で注目される人は、顔が小さいことが多く、顔が小さいことは美人の条件ともいえるほど、その人の印象を左右する重要なパーツです。顔を小さくする美容整形には、多くの種類があり、皮膚を切って、筋肉の下にある骨を削って顔の大きさを変える手術を受ける人もいますが、最近人気があるのは悩みに合わせたプチ整形です。プチ整形は、メスを使わずに、注射器や針などを使って顔の輪郭をすっきりとシャープにする施術で、皮膚を切らないので、腫れや出血、痛みが軽く、目立ちにくいため選ぶ人が増えてきている人気の施術です。費用面での負担が軽いことや一回の施術で急激に印象が変わらず、さりげなく小顔になれることなども、人気の理由になっています。

小顔の美容整形で人気がある施術

小さくてシャープな印象の顔になるために美容整形を受ける人の多くが選んでいるのがプチ整形です。プチ整形には、ボトックス注射や脂肪吸引、脂肪溶解注射などいろいろな種類があり、悩みに合わせた方法を選ぶことが一般的です。顔が丸くてぽっちゃりとしている人に人気があるのが、細い管で脂肪を吸い取る脂肪吸引や脂肪を溶かして排出させる脂肪溶解注射です。吸い取った脂肪やヒアルロン酸をあご先に入れる施術も、シャープな輪郭のラインになると人気があります。えらが張っていて顔が大きく見える人は、筋肉を緩めてほっそりとした印象になることができるボトックス注射を選ぶことが多く、優しくかわいらしい印象の小顔を手に入れています。加齢による輪郭のゆるみが気になる人には、肌にはりを持たせて引き締まった印象になるレーザー治療が人気です。

小顔の美容整形を受ける時の流れ

最近大変人気があり、受ける人が増えてきている顔の輪郭をシャープにして、小さな顔の印象になることができるプチ整形を受けるときには、はじめにクリニックのカウンセリングを受けることになります。カウンセリングでは、悩みをドクターに聞いてもらい、自分に合う方法を提案してもらったり、施術の内容や費用などの説明を受けることができます。カウンセリングを受けても、施術を受けない選択をすることができるので、悩んでいる人はカウンセリングを受けてから検討することがおすすめです。プチ整形の場合、日帰りの手術が多いので、予約した手術日に施術を受けます。施術後は、ドクターの診察を受けますが、プチ整形の場合は、腫れや出血、痛みなどが軽いことが多いため、術後の診察の回数は少ないことが一般的です。